FRESHERS
入行間もない、新人行員の声

入行間もない、新人行員の声

企業経営における
適切なアドバイスが
できる金融人へ

野口 敬祐
高崎支店 渉外係(育成)

教育学部卒、2019年入行。地域社会に貢献するため、県内の金融機関に絞って就職活動を展開。どんな状況でも、お客様を支え続ける経営方針に共感して東和銀行を選んだ。

独自の経営方針を支える
地道な取り組み

地域社会に貢献できる地域密着型の金融機関は、世の中に少なくありません。そのなかで、東和銀行が際立っていたのが経営方針です。特に、「雨でも傘をさし続ける銀行」というモットーには、創立から100年以上にわたって地域社会と共に歩んできた当行の誇りを感じたのです。入行後は、2カ月間の新入行員研修に続き、渉外係の育成期間としてローンセンターの業務を経験。ローンセンターでは、融資にあたって必要になる物件の調査を行う機会もありました。実際に現地まで出向いて調査したのですが、こうした地道な取り組みの一つ一つが、様々な状況に置かれているお客様を支えているのだと実感することができました。

法人営業の
サポート業務を経験

渉外課の職場研修の内容は、先輩行員との同行訪問や渉外事務の実務研修です。私が配属になった高崎支店では、法人営業を担当している先輩が多くいることから、同期に先駆け法人営業のサポートをするチャンスもありました。お客様の決算書を分析する企業調査や融資に関する稟議書の作成等を担当。どのように地域の企業をサポートしているのか、その一端を垣間見ることができました。今後は幅広い知識を身に着け、先輩のように企業経営のアドバイスができる金融人にステップアップしたいと思っています。

MESSAGE
学生へのメッセージ

社会人になって実感したのは、ルールや時間、約束を守ることの大切さです。特に、大切なお金を扱う金融では、コンプライアンスが求められます。あたりまえのことですが、学生時代からメリハリをつけた行動を心掛けておくと良いと思います。

Part time job
学生時代に熱中したこと

高校、大学とも、部活動でラグビー部に在籍していました。特に、大学では部長も経験。部員をまとめていく大変さやワンチームで一丸となって闘う楽しさも味わうことができました。もちろん、今回のラグビーW杯では、日本の活躍に熱いエールを送っていました。