FRESHERS
入行間もない、新人行員の声

入行間もない、新人行員の声

専攻からくる
知識面の不安は
全くの杞憂でした。

荒井 美香
鶴瀬支店 渉外係(育成)

文学部卒、2019年入行。アルバイトで接客サービスの仕事を経験。お客様に寄り添って働くことの楽しさを知り、そうした仕事が一番できそうに感じた東和銀行を選んだ。

充実した新入行員研修で
銀行業務の基本知識を習得

大学で専攻したのは文学でしたが、就職はお客様に寄り添える営業の仕事がしたいと思っていました。ただ、経済等を学んだ人より、知識がないことには不安を感じていました。その点、東和銀行は人材育成に力を注いでいて、着実にスキルアップできる環境が魅力でした。実際、入行後は2カ月間の新入行員研修で社会人としてのマナーの基本や金融の基礎知識を習得。特に、融資の研修では、基本的な知識から稟議書の作成など実務まで学ぶことができ、とても勉強になりました。

職場の皆さんの心強い
サポートを実感

支店に配属になった後は、渉外課に席を置きながら育成期間として、営業課や融資課の業務を経験しました。印象に残っているのは、融資業務です。まったく知識のなかった割引手形の受取から実行まで担当できるようになり、私でもやればできることを実感できたのです。また、心強いのが、職場の皆さんがとても親切でやさしいこと。わからないことや疑問に思ったことがあっても、聞けば丁寧に教えてもらえることはもちろん、先輩から「わからないことはない?」と声をかけていただけることも。入行前に心配した知識面のハンデは全く問題ありませんでした。

MESSAGE
学生へのメッセージ

学校の専攻によっては、「金融は難しい」と思う人がいるかもしれません。でも、私も文学部の専攻で当行を選びました。実感しているのは、入行前の知識よりコミュニケーション力が大切なこと。知識については、入行後に十分キャッチアップすることができました。

SEMINAR
学生時代に熱中したこと

社会に役立つことがしたくて、ボランティア活動に力を入れていました。初めてボランティアをしたのは中学生のとき。参加している皆さんの笑顔が、とても素敵だったのです。大学時代には、公園の清掃活動に参加。来園者を笑顔にする喜びも知りました。