FRESHERS
入行間もない、新人行員の声

入行間もない、新人行員の声

幅広い提案業務が
できることを実感し
モチベーションがアップ

堀江 宙生
昭島支店 渉外係(育成)

国際経済学部卒、2019年入行。祖父が金融人として活躍していたことから、金融を中心に就職活動を展開。着実にゼロから成長できる教育体制に魅力を感じて東和銀行へ。

営業課の業務を経験し、
銀行の責任の重さを実感

最初は、自分が銀行で活躍できるようになるのか、期待と不安の入り混じったスタートでした。でも、充実の新入行員研修で不安を払しょくすることができました。知識が全くない状態だったので、逆にどんなことでも新鮮に感じられ、楽しく学ぶことができたのです。驚いたのは、支店に配属になった後、研修の一環で営業課の業務を経験したときのことです。1日の締めで、実際の現金と各種伝票の額が1円でも合わないと、本当に業務を終えることができなかったのです。銀行に勤めることの責任の重さを実感しました。

先輩に代わり、お客様への
提案業務を担当

現在は、渉外係の育成期間として、先輩との同行訪問や先輩に教えてもらいながら決算書の調査等を行っています。勉強になるのは、やはり実践を学べる同行訪問ですね。少しずつ渉外活動にも慣れてきたことから、先日は先輩に代わって資産形成に関する提案業務を任せてもらうことができました。ただ、先輩の渉外活動を見て学んでいたものの、提案しようと思っていたことの2割くらいの話しかできませんでした。それでも、銀行は融資をするだけでなく、経営改善支援や資産形成支援など多面的な提案業務ができることを実感し、仕事へのモチベーションが高まりました。

MESSAGE
学生へのメッセージ

大学では、野球漬けの毎日でした。そんな自分が銀行に就職できるのか不安もありましたが、思い切ってチャレンジ。エントリーや説明会等への参加で、一番乗りのやる気を見せたことが採用につながりました。東和銀行は、意欲もしっかり評価してくれる銀行です。

Club activities
学生時代に熱中したこと

高校時代、ケガをして不完全燃焼だったことから、大学でも硬式野球部に入部。完全燃焼を目指して、全力で取り組みました。結果、全日本大学野球選手権大会に2年連続で出場。ピッチャーとして東京ドームのマウンドに立つこともできました。