OB MESSAGE
先輩行員の声

渉外

女性が活躍しやすい環境のもと、着実に成長できています。

飯塚 小百合
前橋北支店 渉外課

国際社会学部卒、2015年入行。人と接する仕事ができる渉外業務希望で就職活動を行い、総合職として東和銀行へ。営業課や融資課などで銀行業務に関する基本的な知識を身に着け、渉外係として活躍している。

内勤業務で経験を積み
渉外にステップアップ

就職活動では、いろいろな人との出会いがある渉外業務を担当することを第一に考えていました。当行を選んだのは、さまざまな業種の企業を回るなかで、女性が渉外として活躍できる環境が一番整っていると感じたからです。

入行後は、渉外として活躍するための研修期間として、ジョブローテーションで営業課や融資課の業務を経験しました。思った以上にアットホームな職場で、指導役の先輩がとても親身になって教えてくれたので、着実に銀行業務の基本的な知識を習得。営業課のときには、キャンペーンの一環として電話でお客様に資産形成のご提案を行う機会もありました。入行2年目には、渉外にステップアップし、担当のお客様を任せてもらうことができました。

お客様のお役に立てる
やりがいを実感

現在、渉外係として個人のお客様を中心に、法人のお客様も担当しています。当行では、「TOWAお客様応援活動」として本業支援や経営改善支援、資産形成支援の3つに力を入れているので、融資や財務諸表、金融商品、相続、税金のことなど、非常に幅広い知識が求められます。そのため、FP2級の取得にチャレンジしているところです。

少しずつですが、その成果が徐々に表れてきています。新規のお客様から起業のご相談を受けたときには、事業計画の立案や資金を借りるための担保設定等をアドバイス。事業の立ち上げをサポートすることができました。渉外係として、着実に成長できている実感があります。

EPISODE
印象に残っているエピソード

支店長からアドバイスされた「仕事は準備が肝心」という言葉です。渉外としてお客様を訪問する際には、事前にお客様の情報をできるだけたくさん頭に入れておくこと。それを実践することで、お客様との会話が弾み、関係性を深めやすくなります。

REFRESH
私のリフレッシュ方法

学生のころから文房具にとても興味がありました。雑貨店やネットショップ等で探してみると、ユニークな文房具がたくさんあるのです。購入したお気に入りの文房具を使って仕事をしていると、自然とモチベーションがアップします。