OB MESSAGE
先輩行員の声

融資

東和銀行を選んで
本当に良かったと思える職場環境です。

奥山 春枝
桶川支店 融資係

生活科学部卒、2009年入行。地域に貢献できる金融を中心に就職活動を展開。女性が安心して長く活躍できる環境づくりに力を入れていることに魅力を感じ、東和銀行を選ぶ。

周囲の温かいサポートで、
育休復帰もしやすい環境

東和銀行の大きな魅力は、女性行員が安心して働きつづけられる銀行だということです。例えば、産休・育休制度が整っていることも、そのひとつです。実際、同じ支店の先輩が産休・育休を取得していたほか、営業課長も3人の子どもを育てながら仕事を続け、現在でも課長として活躍しています。

こうした環境だったため、私も自然と出産後も仕事を続けようと思うようになりました。一般的に、制度はあっても育休からの復帰は大変という声をよく聞きますが、当行の場合は育休からの職場復帰の不安解消を目的とした「TOWAハッピー子育て交流会」の開催など、周囲の温かいサポートがあるので、復帰しやすかったですね。

融資の受付から実行まで
一貫して手掛けられる達成感の大きさ

仕事としては、融資課からキャリアをスタートして、後方事務係、テラー係、為替係、投信専担など様々な業務を経験。現在は、育休から復帰して再度、融資課の業務を担当しています。様々な業務を経験し、銀行業務全体の流れがわかってきたので、最初に融資課になったときと違い、スムーズに融資業務ができるようになりました。

そのなかで、実感しているのは、ローン商品の受付から決裁を受けるための稟議書の作成、実行まで一人で一貫して手掛けることによる達成感の大きさです。融資が実行され、お客様から「ありがとう」と言われると、この仕事と、そして東和銀行を選んで本当に良かったと思います。

EPISODE
印象に残っているエピソード

地域に密着した金融機関として、地域貢献に力を入れていることも東和銀行の大きな特徴です。例えば、桶川支店でも、地域のお祭りに積極的に参加。私も先輩方と一緒になって太鼓をたたくなど、地域の皆さんと交流を深めています。

REFRESH
私のリフレッシュ方法

食に興味があったので、生活科学部を専攻。管理栄養士の資格も取得しました。そのため、料理をすることが趣味で、学生時代から圧力鍋を使って、さまざまなメニューづくりを楽しんでいました。いまでも、休みの日は自分で料理を作って、味わっています。